ビジネス

『OODAループ』の本質について|業務改善のための必須ツール

・OODAループについて知りたい
このような問題を解決します。

こんな方におすすめ

  • OODAループについて知りたい
  • OODAループを使ってみたい

本記事のテーマ

OODAループの本質について理解する

OODAループの本質について解説します。
そしてどのように運用するべきかを考察します。

OODAループとは

起源

OODAループとは、アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏が発明した意思決定方法です。元々は航空戦に臨むパイロットの意思決定を対象とされている、あらゆる分野に適用できる一般理論です。

OODAは、Observe(観察)→ Orient(状況に対する適応・判断)→decide(意思決定)→ Act(行動)の4ステップのアルファベットの頭文字から命名されています。そして、これらのステップはObserve(観察)にフィードバックされるループ構造になっています。

Observe(観察)

意思決定者自身が状況をよく観察し、置かれている環境(状況)のデータをあらゆる視点から収集・把握します。

判断をする前に状況を整理し、共有するステップがObserve(観察)になります。

Orient(状況に対する適応・判断)

Observe(観察)で収集したデータを基に、Orient(状況に対する適応・判断)を行います。

  • 現在起きている事象の背景、意味、影響の把握
  • 競争優位性の確認
  • 過去の経験を活かせるものはあるか

上記のように状況を細かく判断し仮説を構築するステップがOrient(状況に対する適応・判断)になります。

decide(意思決定)

Orient(状況に対する適応・判断)で構築した仮説を基にdecide(意思決定)を行います。

  • 仮説を基とした目標設計
  • 目標達成のための施策立案

上記に加え、具体的な実施方法を周知させるところまで落とし込むステップがdecide(意思決定)になります

Act(行動)

decide(意思決定)で決定した内容のAct(行動)を行います。

Orient(状況に対する適応・判断)の仮説の再確認、次のObserve(観察)のための情報収集を行いながら、decide(意思決定)の内容の実行を行います。

ポイント

decide(意思決定)とAct(行動)を同時に行ったり、一旦Observe(観察)へ戻るなど、必要に応じたステップの変更が可能です。

 

メモ

OODAループは具体的な目標を周囲と共有することで、現場レベルでのデータ収集・分析を行うことができ、スムーズな意思決定に繋げることができます。

最後に

OODAループは「戦場で勝利するための意思決定の手法」として開発されました。

PDCAサイクルではPlan(計画)が最も重要であり、想定外の場面においては対応が遅れることが考えられます。不確実な環境下において成果を出すことが求められる現代においてはOODAループの方が適していると考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また状況に応じて上手く使い分けを行うことで、よりビジネスにおいての成果に繋げることができるかもしれません。

-ビジネス
-

Copyright© 薬剤師による雑記帳-医療とお金と- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.