健康/医療

【薬局でお金取られてます】「お薬手帳は家にあります」は全く意味なし

・お薬手帳ってなんで必要なの?
・お薬手帳を持ってたら良いことあるの?
このような問題を解決します。

こんな方におすすめ

  • 薬局で少しでも安くお薬を手に入れたい
  • 薬剤師を上手く使いこなしたい
  • お薬服用の安全性を高めたい

本記事のテーマ

お薬手帳をお得に使いこなす

お薬手帳をお得に使いこなすポイントについて説明します。

お薬手帳とは

お薬手帳とは、病院や調剤薬局でもらったお薬の情報を記録する手帳のことです。

具体的に、お薬を処方された日付、お薬を処方した病院名、お薬の名前、お薬の量や服用方法、お薬の簡易な注意事項、調剤した薬局の名前などが記載されています。

これらの情報があることで、いつもと違う診療科に受診するときや、いつもと違う病院を受診するとき、違う薬局でお薬をもらう時も、安全なお薬の提供を受けることが可能です。

お薬手帳は日本全国の調剤薬局(保険薬局)などで無料でもらうことが出来ます。
薬局によってお薬手帳のデザインは異なりますが、どこの薬局でも同じものを使うことができます。

お薬手帳を持ち歩くことのメリット

お薬手帳にはご自身で記入した情報(副作用歴やアレルギーなども含む)に加え、処方されたお薬の情報が記録されているため、新しく薬を処方してもらうときの副作用や飲み合わせのリスクを軽減することができます。

普段からお薬手帳を持ち歩くことで、サプリメントやOTC医薬品(一般医薬品)を購入するときでも薬剤師に相談でき、安全・安心に購入することができます。

お薬の効果に影響をあたえてしまう食べ物って、意外と身近なところにありますよ!

また薬が多すぎて覚えられない時や、自分の薬ではない時、いつもと違う病院や薬局を変える時でも、薬剤師がしっかりとお薬出来ることで、安心してお薬を貰うことができます。

お薬手帳の種類について

お薬手帳は以下の2種類が存在します。

  • 日本全国の調剤薬局(保険薬局)などで無料でもらうことの出来るお薬手帳(紙媒体)
    薬局によってお薬手帳のデザインは異なりますが、どこの薬局でも同じものを使うことができます。
  • お薬手帳アプリ(電子媒体)

それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

紙媒体

メリット

  • 自由に書き込みすることが可能。
  • 慣れている人には使いやすい。
  • 現時点で最も浸透しているお薬手帳であり薬局側も戸惑いなく対応可能。

デメリット

  • 書き込めるページ数に限界がある。
  • 持ち歩きが不便。
  • 電子媒体よりも手帳を持ち忘れてしまうリスクが高い。
  • 紛失リスクがある。(災害などを含む)

電子媒体

メリット

  • 書き込める情報に際限がない。
  • デバイス(携帯電話など)のアプリに情報を入れるため、持ち運びしやすい。
  • 紛失リスクが低い。(災害などを含む)

デメリット

  • 薬局によっては蓄積された情報を活かしきれていない。
  • デバイス(携帯電話など)の電池が切れてしまった際はお薬手帳としての機能を果たさない。

様々なメリット・デメリットがあるなかで、紙の手帳を使われる方、アプリの手帳を使われる方、両方の手帳を使われる方などがいらっしゃいます。

お薬手帳をお得に使い方こなすには

お薬手帳はお薬の管理と記録のためだけのものではありません。
最大限、薬剤師を利用するためのポイントを記載します。

ポイント

3ヵ月以内に同じ薬局へ来局し、お薬手帳を提示することでお会計の金額がお得になります。
14点つまり140円分お得です。

この場合3割負担の患者だと40円、1割負担の患者だと10円とお会計が変わってきます。
3割負担の患者で月に1回受診の場合だと年間480円変わってきます。

  • 必ず提示してください
    病院やクリニック、歯科医などの医療機関を受診するたびにお薬手帳を提出しましょう。
    ※お薬手帳を医療機関毎に使い分けるのではなく、1冊にまとめることに意味があります。

 

  • いつでも持ち歩くようにしてください
    お薬手帳は常に持ち歩くことが大切です。
    ドラッグストアなどでも、お薬手帳を持っていれば、薬剤師に相談してOTC医薬品(一般医薬品)を購入することができます。
    旅行先で急に医療機関を受診したり、災害時などにも役に立ちます。

 

  • 様々な情報を書き込みましょう
    ドラッグストアなどでOTC医薬品(一般医薬品)を購入したときも、自分でお薬手帳に記録すると良いです。
    市販薬にも副作用や飲み合わせのリスクがあります。
    医師や薬剤師が知らせておくべき情報もあります。

 

  • 検査の結果などを記録してください
    血液検査の結果などは医師や薬剤師に共有すべき情報です。
    特に腎機能や肝機能の程度によっては、飲むべきでないお薬なども幾つもあります。
    その他の検査の結果によっても副作用に気づいたり、治療の状況の確認ができたりするので記録をするべきです。

 

  • 気になることを記録してください
    処方されたお薬についてや、治療上の気になることについてなど、疑問や質問があるときは、お薬手帳に記録しておきましょう。
    医療機関を受診したときや薬局で薬を処方してもらうときに忘れずに解決に繋げることができます。

お薬手帳持参で防げた(分かりやすい)実例

70代男性患者。
いつも様々な薬局でお薬を貰っている。

整形外科からずっと貰い続けているロキソニンの処方、今回A薬局には初めて来局
A薬局の薬剤師はいくつか確認したい事があるものの、患者は10分待たされたことに怒っており、「書いてある薬を渡せば良い」の一点張りで一切お話を聞いてくれない

後日、この患者は激しい胃痛を訴え緊急搬送。
胃潰瘍の診断で入院となった。

ポイント

これは非常に分かりやすい例です。(簡略化して記載しています。)

まず70代と高齢の患者にロキソニンが出ていて、同時に胃薬が出ていないことに気づきます。
これまでも胃薬なしでロキソニンを飲み続けているのならば、胃粘膜の状態が心配になります。

まずお話していただけるのであれば、必ず食後に飲むこと、食後が難しければ軽食(お菓子など)を口にした後に多めの水で服用するアドバイスなど様々な手立てがありました。

そしてもしお薬手帳があれば、これまでの経過も分かりますし、胃粘膜の状態が非常に心配であるので医師と胃薬を追加することを相談することも可能でした。

これは分かりやすく簡易な例ですが、もっと複雑な場合でも薬剤師が防げる事例は沢山あります。
お薬手帳を有効活用することで薬剤師を使い倒しましょう!

-健康/医療

Copyright© 薬剤師による雑記帳-医療とお金と- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.