ビジネス

仕事の優先順位付けは『重要度/緊急度マトリクス』で|タスク整理の考え方

・物事の優先順位をつけたい
・仕事の優先順位付けの方法が知りたい
このような問題を解決します。

こんな方におすすめ

  • 一度に複数のタスクがこなせない
  • 物事の優先順位付けの方法が知りたい
  • 重要度/緊急度マトリクスについて知りたい

本記事のテーマ

「重要度/緊急度マトリクス」ついて理解する

目標設定のためのフレームワークである「重要度/緊急度マトリクス」について解説します。

「重要度/緊急度マトリクス」とは

【7つの習慣】の著者であるスティーブン・R・コヴィー氏が提唱したタスク管理法です。

「重要度/緊急度マトリクス」は、重要度緊急度という2軸のマトリクスを用いて、課題を整理し優先順位決定を行うためのフレームワークの1つです。

重要度とは

重要度が高いとは、大きな影響力をもつものを指します。
長期的な視点で見た場合に重要なものも重要度が高いと判断し、必ずしも即座に対応しなければならないものとは限りません。

緊急度とは

緊急度が高いとは、放置すると非常に重大な事態となりその対応が必要になるものを指します。
自分にとっては重要ではないけれども、他人にとって重要なものも含みます。

「重要度/緊急度マトリクス」の有用性

「緊急度」と「重要度」でを分けると、本当に優先するべき課題が何かを把握できるため、効率の良い課題解決に繋げることができます。

「重要度/緊急度マトリクス」の使用法

まずは課題を全て書き出します。アナログで書き出す際は、付箋1つにつき1つの課題を書き出します。次に課題を下キャプチャの1~4に分類します。

1に分類された課題

1に分類された課題が、現時点で最も優先順位が高い課題となります。
すぐに莫大な利益を生み出す点がポイントです。

例)締切間近の重大な案件関連の課題

2に分類された課題

2に分類された課題が、今後の自分(会社)にとって重要な課題となります。
将来の投資として重要である点がポイントです。

例)今後の投資分野の学習

3に分類された課題

3に分類された課題が、自分(会社)にとって価値が低い(もしくはない)が、すぐにやらなければならない課題となります。

例)人から頼まれた課題

4に分類された課題

4に分類された課題が、「時間の浪費(に近い)」と考えられる課題となります。

 

ポイント

  • 1に分類された課題をまず取り組む。
  • 2に分類された課題を後回しにしない(結局やらず仕舞いにしない)。
  • 3に分類された課題を漏れなくこなす。

そうすることで適切に課題を優先付け、課題を優先順位付けすることが可能になります。

最後に

「重要度/緊急度マトリクス」を使うことで、数多くのタスクを効率的に片づけることが可能になる非常に便利なフレームワークです。

是非、積極的に「重要度/緊急度マトリクス」を意識して課題の優先順位付けをしてみてはいかがでしょうか。

-ビジネス
-

Copyright© 薬剤師による雑記帳-医療とお金と- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.