ビジネス

計画や報告は『5W1H』で|伝わるコミュニケーション6つのポイント

・内容を漏れなく報告したい
・伝わるコミュニケーションを意識したい

このような問題を解決します。

こんな方におすすめ

  • 他者に業務の報告をする機会がある
  • 上司への報告がうまく出来ず、困っている
  • 他の人からみても分かりやすいコミュニケーションを取りたい
  • 「5W1H」について知りたい

本記事のテーマ

「5W1H」ついて理解する

目標設定のためのフレームワークである「5W1H」について解説します。

「5W1H」とは

「5W1H」とは

  1. When(いつ)
  2. Where(どこで)
  3. Who(だれが)
  4. What(なにを)
  5. Why(なぜ)
  6. How(どのように)

を指し示す言葉です。
この順番通りに話すことが伝わりやすくするポイントです。

各項目の要素についてまとめましたので軽く一読していただければありがたいです。
報国時に意識せずとも出来るようになることが理想です。

When(いつ)

  • 時間
  • 日時
  • 期限
  • 頻度
  • 順番
  • 時点

Where(どこで)

  • 場所
  • 位置
  • 場面
  • チャネル

Who(だれが)

  • 自社(チーム)
  • 競合(チーム)
  • 顧客
  • 潜在顧客

What(なにを)

  • モノ
  • カネ
  • ヒト
  • サービス
  • 価値 等

Why(なぜ)

  • 目的
  • 目標
  • 背景
  • 意義
  • 理由
  • 理想

How(どのように)

  • 手段
  • 方法
  • 媒体
  • チャネル

最後に

「5W1H」の各要素ごとの情報を報告していくだけで、文章やアイディアの骨組みが出来上がため、非常に便利なフレームワークです。明確かつ過不足なく伝える際に重宝します。

また5W1Hはビジネスだけでなく、日常生活にも活かすことができます。

例えば合コンに友人Aを誘う場合においては以下のようになります。

When(今日 19:00に)Where(渋谷の●●居酒屋で)Who(友人Bが主催する)What(合コンに)Why(人が足りていないので)How(直接来て欲しい)。

 

「5W1H」を意識することが習慣になると、仕事でも日常でも伝わるコミュニケーションが出来るようになります。

是非、積極的に「5W1H」を意識して目標設定してみてはいかがでしょうか。

 

-ビジネス
-

Copyright© 薬剤師による雑記帳-医療とお金と- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.